忍者ブログ
水泡のように浮かんでいく。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
みにゃ
性別:
非公開
自己紹介:
デッキと構築、エタバで遊ぶようにほしくなったので。デッキはきままに組んでいます。

logic-論理、筋道

factor-要素、要因
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・なんでスライド?
手札を全部使えることが大切であって、手札を全部使えってことじゃない。
つまり「ある数量の変化に応じて他の数量を変化させること。」を示すスライドがあってて、たまたまスライと重なったから。
PR
M:TGにおけるスライとはスライデッキの製作者であるPaul Slighの名前をとったものですが、私のイメージするスライとはスライドからとったものとします。

さて、M:TGには大抵のことをするにはマナと呼ばれるものが必要になります。そのマナは土地によってつくることができますが、そのマナは1ターンに1回しかおくことができません。その土地から出せるマナを如何に毎ターン使いきるか、如何に無駄にしないかというのがM:TGにおけるスライデッキの構築理念です。

基本的にM:TGはマナがなければなにもできません。よって何かをするのにもある程度の準備期間というものを必要とします。そのため如何に相手より早く展開するか-タイムアドバンテージ-や如何に手札のカードを使えるようにするか-テンポ・アドバンテージ-がとても重要になってきます。

とあるページで見たのですが、遊戯王に比べてM:TGの前述のアドバンテージはかなり重いです。それはやはりマナの制約が大きいでしょう。

で、私が言いたいのはこのスライ的発想を遊戯王に取りいれた場合のことです。

遊戯王ではマナを使用することはありません。よってM:TGと考えた場合、マナは無限に存在すると考えることができます。つまり、基本的に手札はすべて使うことができる、ということになるでしょう。しかし、そう問屋は降ろしません。それは発動条件、召喚権という要素がからむからです。


そうした召喚権、発動条件を考えずに済む、常に手札がプレイ状況になっているデッキが遊戯王におけるスライとします。
ラヴァル強化と最近使ったものの考え方。
モンスター(19枚)
冥府の使者ゴーズ
魔導戦士 ブレイカー×3枚
魂を削る死霊×2枚
ライオウ×3枚
サイバー・ドラゴン×3枚
カオス・ソーサラー×3枚
A・ジェネクス・バードマン×2枚
A・ジェネクス・クラッシャー×2枚

魔法(11枚)
抹殺の使徒×3枚
撲滅の使徒×2枚
収縮
死者蘇生
闇の誘惑
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(10枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
次元幽閉×3枚
強制脱出装置
くず鉄のかかし×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
X-セイバー ウルベルム
アーカナイト・マジシャン
アームズ・エイド
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×3枚
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
ライトエンド・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

スタンと見せかけグッスタ。カオスタッフ。

デッキ名はM:TGの用語A定食から。
[1] [2]
忍者ブログ [PR]